HOME > 鹿児島市私立幼稚園協会 > 協会長挨拶

 平成30年度の役員改選により、富永宏(認定こども園伊敷幼稚園長)が協会会長に再任されました。
 新制度4年目の大切な年と同時に「幼児教育無償化」に向けた大切な年でもあります。制度改革に向けていろいろな角度から提言をしていきたいと考えています。

 さて、乳幼児期の教育・保育を担っている私たち鹿児島市私立幼稚園協会加盟63園は、幼稚園も認定こども園も、鹿児島市に住んでいる乳幼児の教育・保育の重要性の重みを感じながら,保護者のニーズをしっかり受け止め、遊びを通した乳幼児期の質の高い教育・保育を、実践するように努力しております。
 さらに、地域の乳幼児のための「子育て支援」にも力を入れております。現在どの幼稚園や認定こども園でも未就園児教室を開き、いろいろな遊びを提供して喜ばれております。
 このような実態や、幼稚園や認定こども園の果たしている役割をご存じない方々が多く、残念に思っております。このホームページでは,協会加盟園の各種情報や協会の事業等について、逐次掲載し、私立幼稚園と認定こども園の良さを御理解いただくと同時に、いつでも入園できる幼稚園の良さも知っていただくことにしております。御利用くださるようお願いしまして、ごあいさつといたします。


鹿児島市私立幼稚園協会 会長 富永 宏